2010年06月07日

真実の行方|グレゴリー・ホブリット

主役を喰ってしまうと評判のカメレオン俳優エドワード・ノートン。彼の映画デビュー作ってことで観たんだけど、やっぱりギアさん喰われ気味(笑)。野心家の弁護士を演じるリチャード・ギアは、どこを切っても「リチャード・ギア」な面白さを逆手に取ったキャスティングでハマってる。その弁護士がノートン演じる青年を無罪にするべく戦う法廷サスペンス。
殺されたのは司教。青年への司教による虐待。そしてその青年は二重人格だった。片方の人格は無罪を主張し、もう片方は自白する。彼は無罪か有罪か、それとも…。二転三転するストーリー。裁判は弁護士有利で進んで行くが、ラストで新たな真実が…。ひぇ〜。ぞぞぞっ。無罪を勝ち取った弁護士は、最後に呆然と立ち尽くす。思い込みによる真実。都合よく作られた真実。真実は何処へ…。余談だけど、ノートンとデニーロが再び組んだ新作「Stone」。デニーロなら喰われないでしょうし、楽しみですね。できれば年内に日本公開してほしいものです。

映画「真実の行方」原題:Primal Fear(1996年/アメリカ/129分)
原作:ウィリアム・ディール『真実の行方』福武文庫(絶版)
製作:ゲイリー・ルチェッシ
監督:グレゴリー・ホブリット
脚本:スティーヴ・シェイガン、アン・ビダーマン
撮影:マイケル・チャップマン
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:リチャード・ギア、エドワード・ノートン、フランシス・マクドーマンド  
Posted by 真 at 06:00 |livedoor clip!