2011年08月03日

F1 前半戦、ハンガリーGPまで|アロンソ現在145ポイント、4位。

ご無沙汰しておりました。3.11以降ほぼ更新してなかったですが、もちろん観てましたよ。全レース。いや〜開幕戦からもう4か月余り(!!!)が経過したんですね(驚)。はー。んで、前半戦も終わったということで、ここまでのリザルトなどをまとめつつ、ポディウム11連発で並べてみまーす。マークはやや冴えない顔ですけど、みんないい顔してますね。まー、それにしてもベッテル速すぎです。んで、マークにまだ1着がない…。アロンソはっていうと現在4位ですが、2位以下ほぼ横並びの混戦状態ですから。バカンス明けが楽しみです。

ベッテルの速さが目立った前半戦だったわけですが、やっぱアロンソっていうドライバーは凄いなと。結局はそこに行き着くわけですが(笑)まーホント何度もそう思うわけです。こういう天職を追求してる人って、見てて気持ちがいーよね。面倒な駆け引きとか開発とかフィジカルとか頭脳とかテクニックとか経験とかね、ぜーんぶ身体を通過した上での、レースへの純粋な執着にね、打たれるんだな。ホントF1て人間が作る一番バカみたいなオモチャではないだろうか。次回はスパだよー。

● Race Result, pos.(0=no-point, R=retire)
V 1-1-2-1-1-1-2-1-2-4-2
W 5-4-3-2-4-4-3-3-3-3-5
H 2-8-1-4-2-6-R-4-4-1-4
A 4-6-7-3-5-2-R-2-1-2-3
B 6-2-4-6-3-3-1-6-R-R-1

Rd11 : Hungarian GP, Hungaroring, 31 Jul
0731_Hungarian_ Hungaroring_1● Drivers point
239 Vettel
149 Webber
146 Hamilton
145 Alonso
134 Button

● Constructors point
383 Red Bull-renault
280 McLaren-mercedes
215 Ferrari

Rd10 : German GP, Nurburgring, 24 Jul
0724_German_Nurburgring_10710

Rd9 : British GP, Silverstone, 10 Jul(Alonso, Vettel, Webber)
0710_British_Silverstone0626

Rd8 : European GP, Valencia Street, 26 Jun(Vettel, Alonso, Webber)
0626_European_Valencia Street Circuit0626

Rd7 : Canadian GP, Gilles Villeneuve, 12 Jun
0612_Canadian_Circuit Gilles Villeneuve
Rd6 : Monaco GP, Monaco, 29 May
0529_Monaco_Circuit de Monaco_10529_Monaco_Circuit de Monaco_2

Rd5 : Spanish GP, Catalunya, 22 May
0522_Spanish_Circuit de Catalunya
Rd4 : Turkish GP, Istanbul Park, 8 May
0508_Turkish_Istanbul Park_20508_Turkish_Istanbul Park_1

Rd3 : Chinese GP, Shanghai, 17 Apr
0417_Chinese_Shanghai International Circuit
Rd2 : Malaysian GP, Sepang, 10 Apr
0410_Malaysian_Sepang International Circuit,
Rd1 : Australian GP, Albert Park, 27 Mar
2011 Australian GP podium

  
Posted by 真 at 12:00 |livedoor clip!
2011年03月30日

F1 オーストラリアGP|決勝|アロンソ4位。

hi。このブログを読んでくれてる奇特な皆さま、元気にしてますか。さて。ピカピカのマシンが眩しかった開幕戦。ベッテルとの予選タイム差が1.445秒もある中、スタート直後に9位まで下がってしまったアロンソですが、12周目には5位走行。その直後のピットで再び14位に下がってバックマーカーに引っかかりつつも、2回目ピット直前の27周では4位走行。さすがです。その後もこれぞアロンソ!という熱い走りで、3回目のピットでとうとうマークの前に。

そこからのバトルも凄かったよね。すぐ後ろに迫ってるマークをブロックしつつのファステスト。揺るぎないドライビングで。なんかもう「僕を抜くのは無理です」って背中に書いてあったケド。その後もファステスト連発でマークを引き離しつつ、ペトロフを猛追。47周目での10秒差が、51周で5.4秒差、55周で2.7秒差、そして最後は1.4秒差に。

ま〜ペトロフは抜けなかったわけだけど、こうして後でタイムをみると、やっぱりすごい。結果、予選から順位を1つ上げての4着。本人がこの結果に満足してるはずもないけど、やれるだけやった結果だから仕方ない。ん〜。だけど現状、ベッテル速すぎ。2位のルイスもベッテルに22秒差とは言え、思ったよりも速かったし。そう言えば、ニックはどうしたんだろう。

それにしてもザウバー(!!!)。リアウイングのパーツの凹みの半径が、3mm足りなかったとか。ん〜。仕方ないけど、脱力するよね。でも二人の走りは世界中のF1ファンが確かに観ていた。それが消えるわけじゃない。これはもう結果で返すしかないから、可夢偉のブチ切れた走りが観たいね。次戦は4月10日。セパン。スコールが来ませんように。

F1 Australian GP, Albert Park:race:27 March
2011 Australian GP, podium● Drivers point
25 Vettel
18 Hamilton
15 Petrov
12 Alonso
10 Webber
08 Button
06 Massa
04 Buemi
02 Sutil
01 Di Resta

2011 Australian GP, Drivers● Constructors point
35 Red Bull-renault
26 McLaren-mercedes
18 Ferrari
15 Lotus Renault
04 Toro Rosso-Ferrari
03 Force India-Mercedes

2011_Australian_1● Race Result, pos.
V 1
H 2
P 3
A 4
W 5
B 6
M 7
N=no-point, R=retire


2011 Australian GP, Sunday2011 Australian GP, Sunday2011 Australian GP, Sunday
2011 Australian GP, Sunday2011 Australian GP, Sunday2011 Australian GP, Sunday
  

Posted by 真 at 23:50 |livedoor clip!
2010年11月16日

F1 アブダビGP|決勝|アロンソ7位。チャンピオンシップ2位…。(((Θ_Θ:)))

Eeeeek。ベッテル圧勝でした。congratulations。見事な逆転優勝。すごい集中してたね、勝つことに。いい表彰台でした。それにしてもタイヤ。アロンソが早々に交換したソフト側のタイヤが夕暮れとともに復活して意外に長持ち。結果まさかの7位です。ハイメなんて「どうやって9位になったのかわからない!」だって(笑)。私もです。国際映像が謎すぎて、何がどーなったんだか把握しきれず。あ"〜恐ろしや。砂漠のトワイライトレース。

で。ペトロフーーーっ(!!!)ってことで。かなりフラストレーションのたまる展開に。でももしかしたら半分以上、ブラジルで決まっていたのかも。ミスをしたら戦線離脱という接戦の中で、落ち着こうとして落ち着きすぎてしまったような。攻めと守りのバランスに微妙なズレが生じていたような。で、最終戦。ベッテルもルイスもバトンも、クビサもロズベルグも、定まってた気がするわけ。でもフェラーリは、イメージと現実の狭間で遠近感が狂ったままスタートしちゃったのかもね。

ん〜残念。アロンソ落ち込んでるだろうな〜。も〜これはイタ紙に叩かれること必至の結末ですが、でもこの一年、アロンソ頑張りました。移籍1年目で実力を示してチームを盛り上げて結果も出した。それってすごいことだし、少なくともフェラーリの信頼は勝ち取ったはず。次はチームがアロンソの性格を理解して解き放ってほしいよね。ま〜とにかく地盤は固まったと。

で。一夜明けてアロンソはAlonso’s diaryで「昨日の失望のあとの目覚めはハードだった」と認めつつも「最高の年だった」と。「モンツァのような素晴らしい瞬間があって、それは記憶に刻まれてる。今季の最終戦が決してそれを消し去るものではないし、我々はチームで、勝つ時も負ける時も一緒なんだ。僕はマラネロのみんなが、来季のために必死に新車に取り組んでることを知ってる。週末のピレリのテストのためにアブタビに戻ってくるのが待ちきれないよ。メカニックたちは勝利を追い求めてさらにハードな仕事に、すぐにでも取りかかりたがってる。それは僕に、今までよりもっとフェラーリへの愛情を深めさせるんだ」と。

だいたいそんな感じ。最後の一文では「fall in love with Ferrari」なんて言ってます。リップサービスなのか単にラテン系なのか解りませんが(笑)。ま〜とにかく、フェラーリLOVEってことね。政府の大臣にまで叩かれてるモンテゼモーロを気づかってる感じもしますが。なんかもう国をあげての大激怒。い〜ね。嫌いじゃないな〜。そーゆーの。この時期、イタリアの国技は「フェラーリ」だよね(笑)。ふ〜。今季も終わってしまったな〜。thank you ブリジストン。welcome back ピレリ。
>Pirelli Tyre International 

F1 Abu Dhabi GP, Yas Marina:Race:14 November
F1 Abu Dhabi GP, Yas Marina:Race:14 November● Drivers point
256 Vettel
252 Alonso
242 Webber
240 Hamilton
214 Button
144 Massa
142 Rosberg
136 Kubica

2010_AbuDhabi_driver● Constructors point
498 Red Bull-renault
454 McLaren-mercedes
396 Ferrari
214 Mercedes
163 Renault
69 Williams-cosworth
68 Force India-mercedes
44 Sauber-ferrari
13 Toro Rosso-ferrari

F1 Abu Dhabi GP, Yas Marina:Race:14 November● Race Result, pos.
V 4-R-1-6-3-2-R-4-1-7-
  3-3-N-4-2-1-R-1-1
A 1-4-R-4-2-6-8-3-8-N-
  1-2-R-1-1-3-1-3-7
W 8-9-2-8-1-1-3-5-R-1-
  6-1-2-6-3-2-R-2-8
H 3-6-6-2-R-5-1-1-2-2-
  4-R-1-R-R-5-2-4-2
B 7-1-8-1-5-R-2-2-3-4-
  5-8-R-2-4-4-N-5-3
N=no-point, R=retire


2010_AbuDhabi_12010_AbuDhabi_22010_AbuDhabi_3
2010_AbuDhabi_42010_AbuDhabi_52010_AbuDhabi_7  

Posted by 真 at 13:00 |livedoor clip!
2010年09月27日

F1 シンガポールGP|決勝|アロンソ2連勝! Fantastic !!

wow!アロンソ今季4勝目。いや〜ここに来ての2連勝。嬉しいね。シンガポールはタイトル争い最終サバイバルの幕開け。それをアロンソが制したと。勝つべき時に勝ったと。bravo !! スタートとファイナルラップはドキドキでしたが、ほんとにもう腹が据わってたというか。冷静と情熱がコントロールされた、61周のパッケージングでした。もしも62周だったらベッテルに抜かれてたかもって? exactly。でも61周だったわけよね。excellent !!

今回は顔が映ってる写真を載せちゃおうっと。だって表彰台が、とっても美しかったから。三人の顔がレースを物語ってるよね。こーゆーポディウムが、それまでを昇華させる。美しいよホント。このシンガポールと鈴鹿の2連戦って、エキサイティングでチャレンジングで、日程的な位置もいいよね。この勢いでアブタビまで突っ走るぞと。鈴鹿が楽しみです。

それにしてもクビサ(!!!)。タイヤを履き替えてからのあの走りは何? 驚くよね。いや凄かった。結局バリチェロは抜けなかったけど、クビサってホント面白い。ルイスは少し考えすぎたのかな。ウェバーのあの本能のオーバーテイクはOKでしょ。だってレースだもん。あと静かに激走してたのがロズベルグ。次世代のハイドフェルドな予感もするけど(笑)もっと違うマシンでの走りが観てみたい。それから最後尾と16位からポイント獲得したマッサとスーティルもきっと激走してたんだだろうな。

F1 Singapore GP, Marina Bay Street Circuit:Race:September 25th
<br>
F1 Singapore GP, Marina Bay Street Circuit:Race:September 25th● Drivers point
202 Webber
191 Alonso
182 Hamilton
181 Vettel
177 Button
126 Massa
122 Rosberg
114 Kubica
● Constructors point
383 Red Bull
359 McLaren
316 Ferrari
168 Mercedes
133 Renault

F1 Singapore GP, Marina Bay Street Circuit:Race:September 25th● Race Result, pos.
W 8-9-2-8-1-1-3-5-R-1-
  6-1-2-6-3
A 1-4-R-4-2-6-8-3-8-14-
  1-2-R-1-1
H 3-6-6-2-R-5-1-1-2-2-
  4-R-1-R-R
V 4-R-1-6-3-2-R-4-1-7-
  3-3-15-4-2
B 7-1-8-1-5-R-2-2-3-4-
  5-8-R-2-4
N=no-point, R=retire
F1 Singapore GP, Marina Bay Street Circuit:Race:September 25th
F1 Singapore GP, Marina Bay Street Circuit:Race:September 25th
F1 Singapore GP, Marina Bay Street Circuit:Race:September 25th
  

Posted by 真 at 13:00 |livedoor clip!
2010年07月14日

F1 イギリスGP|決勝|アロンソ14位…。too bad !!!

例えばサッカーもミスジャッジは多いけど、10分後にイエローカードが出るなんてことはないよね。ま〜F1の場合、レースを中断して判定など出来ないわけで、ペナルティがドライバーに伝えられる頃には既に状況が変わってる。今回のペナルティがアロンソに伝えられたのは、クビサを抜いてから9周後だという。その頃クビサはトラブルでスローダウン&リタイアしてたというわけね。で、そこにあのSC…。toooooooooo baaaaaaaaaaaad !!!!!

レースディレクターのチャーリー・ホワイティング曰く「我々はフェラーリに3回、クビサのポジションを戻すよう伝えた。アロンソがクビサをオーバーテイクしてすぐに、クビサのポジションを戻すならステュワードは口を出さないだろうと言ったのに彼らはそうしなかった。彼らは、クビサを前に行かせるにはあまりに遥か後方にいると言った」だから「ステュワードが裁定を下すのに手間取ったというのは全く真実ではない」だってさ。thanks. 悪意も操作もなかったという解説をどうも。

でもね、そんなやり取りがあろうとなかろうと、真実はチャーリーとドメニカリの会話の中じゃなくて、トラックの上にあるわけよね。トラックの外のトラブルで裁定がスローダウンしてる間にレースは変化してるわけね。で、アロンソはっていうと、今回のペナルティは厳しいと感じるか?と記者に聞かれて「それは僕の仕事じゃないよ。僕の仕事はマシンをドライブすること。ステュワードの言うことは常に正しい。つまりそういうことさ」と。

さらにスペインの記者には、母国ファンをエキサイトさせないよう言葉を選んで答えつつも、クビサとのバトルのディティールとその正当性は淡々と主張する、大人なアロンソなのでした。このフラストレーションはトラックで晴らしたいね。モンテゼモーロ曰く「嘆いていても仕方ない。我々はフェラーリだ。」って(汗)。でもさすがモンテゼモーロ。い〜ね。

British GP, Silverstone:Race:July 11th
British GP, Silverstone:Race:July 11th● Drivers point
145 Hamilton
133 Button
128 Webber
121 Vettel
98 Alonso
90 Rosberg
83 Kubica
67 Massa
● Constructors point
278 McLaren
249 Red Bull
165 Ferrari
126 Mercedes
89 Renault

British GP, Silverstone:Race:July 11th● Race Result, pos.
Hami 3-6-6-2-14-5-1-1-2-2
But 7-1-8-1-5-R-2-2-3-4
Web 8-9-2-8-1-1-3-5-R-1
Alo 1-4-13-4-2-6-8-3-8-14
Vet 4-17-1-6-3-2-R-4-1-7
Ros 5-5-3-3-13-7-5-6-10-3
Kubi 11-2-4-5-8-3-6-7-5-R
Mas 2-3-7-9-6-4-7-15-14-15
British GP, Silverstone:Race:July 11th
British GP, Silverstone:Race:July 11thBritish GP, Silverstone:Race:July 11th  

Posted by 真 at 13:50 |livedoor clip!
2010年06月28日

F1 ヨーロッパGP|決勝|アロンソ8位…。がっかり (((Θ_Θ:)))

全くがっかりだよ(泣)。一体何が起きたのかって?マークがクラッシュしてSCが入っただけですよ。3位走行のマシンがたった1度のSC導入で9位になりますかね、普通。ん〜。早めにハード側に履き替える戦略も仇となったよね。結果的に。SCが入ったタイミングがこれまた悪かった。それまでが素晴らしかっただけに、マジでがっかり。

マッサ曰く「事故が起こったラップで僕たちは最終コーナーに差し掛かっていて、後ろのクルマがピットに入っていくのがミラーで見えた」と。さらに「そこから僕たちのレースは、トラフィックのなかで特に何かを変えるチャンスもない1本の長い行列だった」と。ん〜。全くね。アロンソは何の影響もない無意味なペナルティにお怒りの様子。3時間後に下された5秒加算にもね。

次戦はマクの母国ざんすよ。新しいシルバーストーン。当然、マクはアップデートしてくるわけで(汗)。だからバレンシアではマクの前でフィニッシュしておきたかったのに…。あ〜あ。もはやマジで開発戦争だな。でもまだ何とかなる位置なんで諦めるわけにいはいかないぞと。マジで踏ん張りどころです。も〜美女とイルカで気分転換。

European GP, Valencia:Race:June 27th
<br>
European GP, Valencia:Race:June 27th● Drivers point
127 Hamilton
121 Button
115 Vettel
103 Webber
98 Alonso
83 Kubica
75 Rosberg
67 Massa
● Constructors point
248 McLaren
218 Red Bull
165 Ferrari
109 Mercedes
89 Renault

European GP, Valencia:Race:June 27th● Race Result, pos.
Hamilton 3-6-6-2-14-5-1-1-2
Button 7-1-8-1-5-R-2-2-3
Webber 8-9-2-8-1-1-3-5-R
Alonso 1-4-13-4-2-6-8-3-8
Vettel 4-17-1-6-3-2-R-4-1
Rosberg 5-5-3-3-13-7-5-6-10
Kubica 11-2-4-5-8-3-6-7-5
Massa 2-3-7-9-6-4-7-15-14  
Posted by 真 at 18:10 |livedoor clip!
2010年06月14日

F1 カナダGP|決勝|アロンソ3位!でも9秒遅れ…。

アロンソ何とか踏み止まりました。今季3回の表彰台。今のマシンで4位と28秒差をつけての3位は喜ぶべきだけど、2度もルイスの前に出たのにバトンに抜かれちゃいました…。終盤までタイム差はそれほどなかったのに結局、マクラーレンから9秒〜7秒と離されてフィニッシュ。ん〜微妙ですね。それでもなぜかマシンの調子がよかったアロンソ。本人曰く「トルコの結果から、これほどのマシンのパフォーマンスは予想していなかった」と。ん〜。でもこれで次戦につながったよね。

それにしてもタイヤ。もう少し行けるかと思ったらソフトがあっと言う間にダメで。路面温度が上がればハード側有利と思いきやそれほどでもなく、接触の割にSCも入らず、オーバーテイクが少ない割に順位が入れ替わるという忙しいレースで、バックマーカーにも悩まされた。周回数が多いサーキットはバックマーカーの影響も大きいよね。これはもう仕方ないんだけど。

ところで、初戦からのレース順位を見てみると、上位3人は8戦で4回表彰台でその内2回優勝。アロンソもそう悪くない成績なんだけど、今のアロンソに足りないのは、優勝なんだよね。25ポイントはやっぱデカい。残り11回の25ポイント争奪戦だな。で、その為にはマシンの開発なわけで、バレンシアでのアップデートにホント期待してます(祈)。

Canadian GP, Montreal:Race:June 13th
Canadian GP, Montreal:Race:June 13th● Drivers point
109 Hamilton
106 Button
103 Webber
94 Alonso
90 Vettel
74 Rosberg
73 Kubica
67 Massa

● Constructors point
215 McLaren
193 Red Bull
161 Ferrari
108 Mercedes
79 Renault

Canadian GP, Montreal:Race:June 13th● Race Result, pos.
Hamilton 3-6-6-2-14-5-1-1
Button 7-1-8-1-5-23-2-2
Webber 8-9-2-8-1-1-3-5
Alonso 1-4-13-4-2-6-8-3
Vettel 4-17-1-6-3-2-22-4
Rosberg 5-5-3-3-13-7-5-6
Kubica 11-2-4-5-8-3-6-7
Massa 2-3-7-9-6-4-7-15

Canadian GP, Montreal:Race:June 13thCanadian GP, Montreal:Race:June 13th  
Posted by 真 at 14:30 |livedoor clip!
2010年05月31日

F1 トルコGP|決勝|アロンソ8位。お疲れ (((Θ_Θ:)))

順位を4つ上げてのフィニッシュは上出来だよね。ペトロフとのバトル以外は国際映像にあまり映らなかったけど、アロンソ黙々と激走してました。2台とも戦う相手が違ったみたいですが、これが今のフェラーリだから仕方ない。アロンソ曰く「バレンシアではマシンに重要なアップデートを持ち込む」そうなので期待しよう。マシンの開発が進みますよーに。

で、レース。優勝がルイスでほっとした(爆)。ブル同士の接触は驚いたけど予想通りブルとマクの戦いで、その後ろにメルセデスとクビサとファラーリとスーティル。ここまではほぼいつものメンツ。問題はその順位。今季はレースごとにシャンピオンシップの順位の変動が激しいわけだけど、このままだと差が開くばかり。アロンソ、マシンにかなりイラついてるもよう。

今季ポイントシステムと給油なしとタイヤ縛りの三点セットって、何だか焦るよね。ベッテルとルイスとアロンソの才能よりも、マークとバトンの対応力のほうが、今はまだ勝ってるってことなのかな。ま〜とにかく。次戦のカナダGPは、ファラーリの特性に合ってるそうなので何とかバレンシアにつながる走りをして欲しい。

Turkish GP, Istanbul:Race:May 30th
F1 トルコGP 決勝● Drivers point
93 Webber
88 Button
84 Hamilton
79 Alonso
78 Vettel
67 Massa
67 Kubica
66 Rosberg

● Constructors point
172 McLaren
171 Red Bull
146 Ferrari
100 Mercedes
73 Renault  
Posted by 真 at 21:40 |livedoor clip!
2010年05月17日

F1 モナコGP|決勝|アロンソ6位!ミハエル12位…。

アロンソがたくさん国際映像に映って面白かった。序盤のオーバーテイクで、ズバっとシケインに飛び込むあの感じ。久々に熱い走りが見れたし。気づけばルイスのすぐ後ろ。ミハエルの前にいる。ん〜。フリー走行でのクラッシュが悔やまれるね。で、そのままミハエルの前で6位フィニッシュ。と思ったら、ラストでオーバーテイクされ…。

ところが、ミハエルに20秒ペナルティ。でもSCはピットレーンに去ったわけだし、レースは終わってないし、抜いて当然。と思ったんだよね。でもステュワードの判断はまだSC導入中だったと。レギュレーション「ルール40.13」には「SC導入中にレースが終了した場合、最終ラップでSCはピットレーンに入るが、マシンはそのまま追い越すことなくチェッカーを受ける」という内容が書かれてるんだとか。つまりミハエルが抜いた時、すでにマークがフィニッシュしてたってこと?だよね。

でもさ、アロンソ油断してたよね。アホ。確かにアロンソはここまで安定して速いけど、何かが噛み合ってないんだよな…。アロンソって森を見すぎて木を見忘れる、みたいなところがあるでしょ。先を見すぎて気持ちが焦るとフライングしたりするわけよね(汗)。正直モナコではもっとポイントを稼いでおきたかった。ん〜。やっぱり悔やまれる。ううう。

Monaco GP, Monte Carlo:Race:May 16th
Monaco GP, Monte Carlo:Race:May 16th● Drivers point
78 Webber
78 Vettel
75 Alonso
70 Button
61 Massa
59 Kubica
59 Hamilton
54 Rosberg
● Constructors point
156 Red Bull
136 Ferrari
129 McLaren
76 Mercedes
65 Renault  
Posted by 真 at 07:00 |livedoor clip!
2010年04月19日

F1 中国GP|決勝|アロンソ4位!

ChineseGP● Drivers point
60 Button
50 Rosberg
49 Alonso
49 Hamilton
45 Vettel
41 Massa
40 Kubica
28 Webber
10 Sutil
10 Schumacher
● Constructors point
109 McLaren
90 Ferrari
73 Red Bull/Renault
60 Mercedes


スタートが悔やまれるけど仕方ない。この4位は上出来です。まさかのフライングで一時は16位くらいまで沈んだアロンソ。でもSC導入で接近してからアロンソ激走でした。いつの間にやら4位浮上。ミハエルもスーティルもあっさり抜いて、さすがです。アグレッシブすぎるルイスも面白かったですけど、そのルイスに抜かれて抜き返したロズベルグ、シビれますね。あとペトロフも強かった。

終盤、タイヤが限界でベッテルはクビサを抜けず、アロンソはロズベルグを抜けず、順位そのままフィニッシュ。ペトロフはシュミを抜きましたけど(汗)。結局、アロンソはタイヤ交換5回だったそうです。アロンソもルイスもベッテルも、後方に沈もうと雨が降ろうとタイヤ選択を間違おうと、終わってみれば上位でフィニッシュ。さすがです。やっぱりこの三人のバトルがもっと観たい!

それにしても雨とSC導入でブツ切りだったレース。途中から誰がどこを走ってるのか順位が把握できず…。優勝争いはバトンが10ポイント抜け出したけど、クビサまでは1レースで逆転可能。次戦スペインは、予選も本戦もドライのレースが観たいよね。サーキットにはアロンソマニアとティフォシが押し寄せるはず。フェラーリのワンツーか観たいよ。って、その前に噴火がおさまるといいのだけど…。  
Posted by 真 at 01:52 |livedoor clip!
2010年04月05日

F1 マレーシアGP|決勝|アロンソ13位 (((Θ_Θ:)))

MalaysianGP_alonso_race● Drivers point
39 Massa
37 Alonso
37 Vettel
35 Button
35 Rosberg
31 Hamilton
30 Kubica
24 Webber
10 Sutil
09 Schumacher
● Constructors point
79 Ferrari
66 McLaren
61 Red Bull/Renault
44 Mercedes

ラスト1周。アロンソ止まりました…。最初からおかしかったけど、も〜中盤はコーナリングが全くいつものアロンソではなくて、最後は明らかに挙動が乱れ… で、白煙です。それでも残りの周回でバトンを抜こうと攻め続けたんですが。最近のアロンソにしては珍しくトラブルを抱えてやや強引に攻めたんだけどね。

最後までエンジンが保つとふんだのか、それとも何かフラストレーションがあったのか。今回はレースをまとめることが出来なかった。マシンを押さえ込みつつのあの走りは、かなりヘビーだったよね。セパンだしね。6位まで上がった中盤では、スコールに賭けたのか何なのか、タイヤ交換もせずに走り続けるアロンソ。ようやくピットインして9位で戻って、ここで何とファステスト連発。ん〜泣ける。スタート直後からインをついたルイスとマッサに前に行かれるし、抜いたバトンにまた抜き返されるし、終始しっくり来ないマシンでよくやったよ。うん。

レース後のアロンソのコメントったらもう、クールすぎ(汗)。この人、言いたいことがあればあるほど黙る。ペラペラ喋りつつ、実は何も喋ってないという。かなりイラついてる感じ。でも、今回のセパンは面白かった。何と言ってもスーティル。すごい。それからロズベルグ。レッドブルには迫れなかったけど、クビサに抜かれず3位を守れたし、35ポイントですよ。あとトロロッソの2台も良かった。うん。こういうレースはマシンの性能以上のものが出るから面白い。で、次戦は長〜いストレートの上海。ん〜。ポイントリーダーでスペインに入りたい!  
Posted by 真 at 01:12 |livedoor clip!
2010年03月29日

F1 オーストラリアGP|決勝|アロンソ4位!

AustralianGP4● Drivers point
37 Alonso
33 Massa
31 Button
23 Hamilton
20 Rosberg
18 Kubica
12 Vettel
09 Schumacher
08 Liuzzi
06 Webber
● Constructors point
70 Ferrari
54 McLaren
29 Mercedes
18 Red Bull/Renault

ふ〜疲れた(笑)。心臓に悪いですね。あのスピンからの4着。も〜ホントに、アロンソの走りにはシビれます。スピンした1コーナーの真ん中で、静止したまま反対向いて後続マシンをやり過ごす姿ったら観てられなかったけど、アロンソ激走でした。あっと言う間にガンガン順位を上げて。さすがです。ベッテルはホント残念だけど、あちこちで順位がどんどん入れ替わって、エキサイティングなレースでした。

そんな中、アロンソは4位になってから前のマッサを抜こうとしたけど、後ろからルイスとウェバーが迫ってきて、そこでもう4着OKに切り替えましたね。クール!アロンソの策略にハマった二人は接触コースオフ。ルイスに攻められつつ、実はアロンソが攻めてたようでした。しかもそれが美しいんだな。同じ攻めるにしても美しい。全体の中で捉えてるんだよね。たぶん。いや〜シビれます。

今回もアロンソ、ホントに素晴らしいパッケージングでした。最後尾に落ちた後の怒濤の走り!凄すぎです。ライン取りも、あの激走で最後まで走り切るタイヤさばきも、ルイスを背負ってからの貫禄も、これぞアロンソな走りが炸裂でした。いや〜ブラボーでした。初戦バーレーンから一転、オーバーテイクあり過ぎのアルバート・パークでした(笑)。  
Posted by 真 at 01:35 |livedoor clip!