2010年05月09日

ミスター・ロンリー|ハーモニー・コリン

 人は誰でも、何かを演じて生きている。それが少々いきすぎて、自分へ戻る道を忘れてしまった人たちがいる。
 自分以外の人格にアイデンティティを置かなければ生きられない、
 他人の「モノマネ」をして生きている彼らは「インパーソネーター」と呼ばれている。
 マイケル・ジャクソンとして生きる青年が、マリリン・モンローとして生きる女性に恋をした。
 自分に自信がもてないために他人を演じて生きてきた彼が、生まれて初めて恋をしたことでぶつかる壁。
 それは自分らしくあることを迫られる、本当の自分を探す旅の始まりだった…。

上に引用したのはこの映画のコピーです。
で、この映画、二つの話が同時進行する脚本がまず好き。パリとスコットランドを舞台にマイケル・ジャクソンとして生きる青年の話と、パナマの奥地で布教活動をする神父とシスターたちの話。関係のない二つの話が関係ないまま進み、関係ないまま終わる。そのバラレルな感覚がこの作品にばっちり合ってて絶妙。独特の映像センス。セリフで説明しないのがいい。
メインで使われてる、ロンリ〜♪ミスタ〜ロンリ〜♪ っていうあの名曲がこの作品にぴったり。そのロンリーでイタい主人公を演じるディエゴ・ルナの、さりげな〜い名演技がいい。
ハーモニー・コリンは作品の数は少ないけど、オリジナルで貴重な監督だと思う。レオス・カラックスとヘルツォークという強烈な監督たちが俳優として出演するのも何だかわかる。最新作「Trash Humpers」は、日本で公開されるのかな…。

ハーモニー・コリン「MISTER LONELY」+原題:MISTER LONELY(2007年/イギリス・フランス・アイルランド・アメリカ/112分)
監督:ハーモニー・コリン
脚本:ハーモニー・コリン、アヴィ・コリン
撮影:マルセル・ザイスキンド
製作:ナージャ・ロメイン
出演:ディエゴ・ルナ、サマンサ・モートン、ヴェルナー・ヘルツォーク、レオス・カラックス  
Posted by 真 at 10:00 |livedoor clip!
2010年05月06日

ナイン・シガレッツ|ヒューゴ・ロドリゲス

面白かったよ。イギリス人を母に持つメキシコの俳優ディエゴ・ルナが、隣人を盗撮するハッカー役に扮した可笑しな犯罪映画。メキシコシティのある夜のお話。原題を直訳すると「ニコチン」。奇妙なヘビースモーカーたちが繰り広げるダイアモンド争奪戦が悲しくも可笑しい。室内の小道具とかも面白い。
スイス銀行にハッキングしたデータをダイアモンドと交換にロシアン・マフィアと取引するはずが、小さな間違いから事態は急展開。バンバン撃たれて大変なことに。どこかお人好しな男たちとキレまくる女たち。床屋や薬屋も巻き込んで欲望と不満が炸裂しつつテンポよく展開する。ヨーロッパでヒットしたのが頷ける秀作。編集と脚本がいい。

Nicotina原題:Nicotina(2003年/メキシコ・アルゼンチン・スペイン/90分)
製作:マルタ・ソサ・エリソンド「アモーレス・ペロス」
   ラウラ・インペリアレ「アマロ神父の罪」
監督:ヒューゴ・ロドリゲス
脚本:マルティン・サリーナス
撮影:マルセロ・イアッカリーノ
編集:アルベルト・デ・トロ
出演:ディエゴ・ルナ、ルーカス・クレスピ、ヘスス・オチョア  
Posted by 真 at 23:59 |livedoor clip!
2005年07月14日

Dirty Dancing: Havana Nights

dancing_diego予定外に観た「ダンシング・ハバナ」。
ディエゴの出演がなかったら日本に配給されてたかどうか怪しい作品ですが。このディエゴという俳優、ハンサム系ではないけど、表情がいい。色んな役ができそうです。

  Continue>>
Posted by 真 at 13:15 |livedoor clip!