2010年04月21日

渡辺武|なで肩の狐・凶殺(1999年公開作品)

な〜んだヤクザ映画か。と片づけたらもったいない。椎名桔平主演「なで肩の狐・凶殺」。少し薄まってはいるけど、花村萬月のあの感じとあの視線がよく撮れてると思う。おこがましくなくて、懐が深い。設定は原作と少し違っているんだけど、セリフはほぼそのまま使われているものもあって、それがまた良いんです。何でもないようで何とも味わい深い作品。

法律やら規則やらルールとやらでは括ることのできない男、キツネ。そもそも誰も括れるものではないと思うんだけれども、みんなその中に収まって暮らしてるのかもね。キツネは、はみ出しちゃってる。具体的に何からどうはみ出してるのかは観て感じればいいと思うけど、そこに向けられた視線が、花村萬月だよな〜って思う。だからどうってことじゃないんだ。

話はいたってシンプルで、主人公キツネ(元ヤクザ)の前に昔の仲間(現役ヤクザ)が現われて面倒に巻き込まれてゆく展開。そのキツネ役の椎名桔平が良い。湿った暗さがない。悲しくて可笑しい。でも決してタナトスまっしぐら!ではなくて、昨日とは違う明日になるであろう終わり方もいい。何をどーこーじゃなくてね、こーゆー作品を観ると、映画っていいな〜って、しみじみ思ってしまう。

映画「なで肩の狐」DVD原作:花村萬月『なで肩の狐』
監督:渡辺 武 「凶銃ルガーP08」「蘇える金狼」「リボルバー」ほか
脚本:吉川次郎 「つげ義春ワールド」「小森生活向上クラブ」ほか
撮影:安藤庄平 「ヌードの夜」「遠雷」「死の棘」ほか
編集:太田義則 「ソナチネ」「HANA-BI」「アウトレイジ」ほか
出演:椎名桔平、洞口依子、鶴見辰吾 ほか

なで肩の狐 (新潮文庫)  
Posted by 真 at 23:00 |livedoor clip!
2010年04月14日

北野武|アウトレイジ|OUTRAGE

outrage公開まで2ヶ月を切ったね。お帰りなさい!そんな気分。だって何年振りですか?座頭市を除けば、かれこれ10年です。待ったよね。何とかと亀だとか、そーゆーのもいーけども、やっぱこれでしょ。これ。バイオレンスな北野。時代背景や美意識は違えども、一部の日本映画に脈々と流れる冷たいものが、私はたまらなく好き。

しかも今回、椎名桔平(!!!)。これ、ものすご〜く重要です。あ〜んもう、さすがです。椎名桔平はね、い〜よ。いい。ほんと上から目線な言い方になるけど、ちゃんと観てるんだね。当たり前だよね。さすが解ってらっしゃる。

んで、若手が加瀬亮と塚本高史。い〜ね。このキャスティングセンスも好きです。加瀬亮も塚本高史もね、内包してる感じがね、い〜んだよね。予告編だけ観た感触では、北村総一朗も意外にいい感じ。ま〜それ以外のキャストがどーなのかは現状不明。とにかく楽しみすぎます。

このDVDは前売りとセットでツタヤ限定発売されるもので、一昨日から予約開始されてます。公式サイトの右下からもその特設サイトに入れる。

"OUTRAGE" Official site >>  
Posted by 真 at 14:51 |livedoor clip!