2010年08月22日

I don't know why I'm addicted to...

5dvd
ここんとこ、映画中毒ざんす。下記は今年5月〜今までに観たDVD。順不同。もちろん何度か観てるのもあるけど、自分用メモも兼ねて記録。タイトルが英語表記なのは検索がラクだから。左側の数字は製作年。☆は私のお気に入り度。ご参考まで。レビューは追々ぼちぼちと、気に入った作品だけ書いて行こうかなと思う。劇場で観たものはまた後日書こうかなと。


○1964 Dr. Strangelove ☆☆☆☆☆★★
 狂った奴が核攻撃の命令を出し、も〜誰にも止められな〜い!

○1966 Who's Afraid of Virginia Woolf? ☆☆☆☆☆★
 二組の夫婦。長セリフの応酬に次ぐ応酬は、ほとんどケンカ腰。
 映画そのものは好きだけど頭が痛くなるほどのセリフの洪水!

○1973 mean streets ☆☆☆☆☆★
 NYのイタリア人街の幼なじみの若者たち。監督はもちろんスコセッシ。

○1982 the king of comedy ☆☆☆☆☆★★★
 コメディアンになろうとする男の話。斬新。
 意外な展開が面白い。コメディではないよ。

○1984 Blood Simple ☆☆☆☆☆★★
 あ〜空虚。そんなハズじゃなかったのに…。

○1984 Urusei Yatsura 2 ☆☆☆☆☆★
 アニメ作品。これね〜。好きなの。

○1985 brazil ☆☆☆☆☆★
 ちょっと確認したくて観たの。展開が好き。書類!書類!書類!

○1985 Tampopo ☆☆☆☆☆★★★
 も〜これもヤバい。伊丹作品。キテます。
 パラレル。シュール。そしてカウボーイは何処へ…。

○1990 Q&A ☆☆☆☆☆★★
 ベテラン刑事の汚職と上層部の隠蔽。ふられた彼女との再会。
 悩む若き検事。そして南の島へ…。

○1991 Barton Fink ☆☆☆☆☆★★★★
 も〜これ好き。だんだん境界が溶けてくのね。
 シュール。そして火の海。

○1994 The Stand ☆☆☆☆☆★★
 これも好き。TVシリーズだけどね。
 生存者って意外に多いのね。

○1995 Shinjuku kuroshakai:Chaina mafia sensô ☆☆☆☆☆★★
 インモラルな歌舞伎町の人々。刑事もヤクザも。

○1996 the english patient ☆☆☆☆☆★
 これも好き。看護婦役のビノシュがいい。
 砂漠。欲望。愛。喪失。戦争。

○1996 The People VS.Larry Flynt ☆☆☆☆☆★★
 表現の自由をかけて戦う法廷もの。ラブストーリーだったり。

○1996 crash ☆☆☆☆☆★★
 賛否両論のクローネンバーグ作品。J.スペイダーがだんだん…
 取り憑かれてゆく。あ〜ん。クラッシュ!

○1996 Primal Fear ☆☆☆☆☆★
 法廷もの。犯人はどっちだ。うっそ〜っていう展開。ぞぞぞ。

○1997 Open Your Eyes ☆☆☆☆☆★★★
 これもヤバい。SFのような境界不明系。夢か現実か。

○1998 Rounders ☆☆☆☆☆★
 キャスティングが好き。天才ギャンブラーの大勝負。
 でも人生ドラマだったり。ノートンがイカサマ野郎なのね。

○1998 Following ☆☆☆☆☆★★★
 主人公が深みにハマって行きます。斬新。

○1998 American History X ☆☆☆☆☆★★
 カメレオン俳優ここにあり!ノートンが別人だ。
 アメリカの悲劇の連鎖と悲しい結末。

○1999 three kings ☆☆☆☆☆★★★
 斬新。イラクが舞台の新しい戦争もの。4人目も好きです。ん〜ブラック。

○1999 confessions of a dangerous mind ☆☆☆☆☆★★
 豪華なスタッフ。嘘みたい!すぎて明るいシーンも恐い。
 明るいペニーに救われる。

○1999 Fight Club ☆☆☆☆☆★★★★
 説明不要のフィンチャー作品。境界混濁系。
 どーかしてるけどリアル。最後は天使です。あ〜消費。

○1999 Being John Malkovich ☆☆☆☆☆★★
 これまた説明不要ね。シュールすぎるループ系。
 輪廻転生か?もはや誰?人形劇のシーンが好きなんです。

○1999 Election ☆☆☆☆☆★★
 青春コメディかと思いきや違うんだな。

○1999 Nadegata No Kitsune ☆☆☆☆☆★★
 ハードボイルドなんだけど、どうしようもなく悲しいんだな。

○1999 Kaizokuban Bootleg Film ☆☆☆☆☆
 一人の女を愛した二人の男のロードムービー。
 葬式から死体持って来ちゃうし…。椎名と柄本。

○2000 Before Night Falls ☆☆☆☆☆★★
 何がどうっていうより、そのまんまアレナスの人生!

○2000 Memento ☆☆☆☆☆★★★
 クライムでミステリーなスリラー。もはやSF。

○2000 songs for cassavetes ☆☆☆☆☆★
 これも説明不要ね。ま〜好きな人だけ観てちょ。

○2001 The Man Who Wasn't There ☆☆☆☆☆★
 可笑しみ悲しみ摩訶不思議。それでも彼は髪を切る。ああ。

○2001 The Score ☆☆☆☆☆★
 デニーロとノートン共演の泥棒もの。泥棒がいい奴に見えてくる…。
 結局またノートンはダメ泥棒なのね。

○2001 Privates Lives ☆☆☆☆☆★★
 セシリア・ロスとガエル共演。愛。喪失。再生。
 ラストの静かなセリフがグッと来る。

○2002 Death to Smoochy ☆☆☆☆☆★
 明るい子供番組のダークな裏側。善人のスムーチーまで人を殺しそうに…。

○2002 Revengers Tragedy ☆☆☆☆☆
 A.コックスの復讐もの。何だか近未来パンクな景色。
 主人公がカメラに向かって話しちゃう感じが演劇っぽい。

○2002 The Crime of Father Amaro ☆☆☆☆☆
 汚職にまみれた聖職者たち。信者と関係を持ってしまった若き神父。
 もはや罪とは…。アメリカで上映禁止デモが起きたらしいぜ。

○2002 Gerry ☆☆☆☆☆
 ストイック。彷徨い続ける二人のアメリカ人。じわじわ来る。
 そしてとうとう片方のジェリーが…。

○2002 25th Hour ☆☆☆☆☆★★★
 スパイク・リー作品。どーしよーもない喪失感。アメリカ。

○2002 Frida ☆☆☆☆☆★
 撮影がロドリゴ・プリエト。主題歌カエターノ。
 高校時代と晩年のフリーダがいい。力作。

○2002 Red Dragon ☆☆☆☆☆★★
 頭脳明晰な天才レクター博士と対等にやり合う敏腕FBI捜査官。
 セリフの掛け合いが面白い。直接対決しない三者の頭脳戦。

○2003 Body to Body ☆☆☆☆
 恐〜いサイコもの。その子供がどんどん病んでゆく。
 喪失を埋めようとする男。ラストがまた恐いっ。

○2003 The Brown Bunny ☆☆☆☆☆★★
 これ好きなんだな。ロードムービー的ラブストーリー。悲劇。
 傷だらけで彷徨う主人公。ようやく辿り着いたところは…。

○2003 Nicotina ☆☆☆☆☆★★
 面白いしテンポよくスルっと観れるけど後から考えちゃうのね。

○2003 Dot the I ☆☆☆☆☆
 運命的な出会いのラブストリー。かと思いきや…。
 うっそ〜な展開。仕組まれていた…。

○2003 The Italian Job ☆☆☆☆☆
 ノートンが再び裏切り者を演じた泥棒もの。
 キャストが好き。なんだけど…結末が惨い。

○2004 Maria Full of Grace ☆☆☆☆☆★
 麻薬の運び屋。移民。一人の女性の選択。分かれ道。

○2004 eternal sunshine of the spotless mind ☆☆☆☆☆★★★
 説明不要のゴンドリー作品。SF的境界混濁系ラブストーリー。
 でもラストは定着。記憶の喪失に抵抗するジムキャリー。

○2005 Walk the Line ☆☆☆☆☆★★
 ジョニー・キャッシュを描いた音楽系ラブストーリー。
 舞台は1944年のアメリカ。

○2005 sympathy for lady vengence ☆☆☆☆☆★★★
 復讐もの。クムジャさん恐いっ。確かに親切(汗)。
 ケーキがね、すごーく美味しそうなんだ。すごく悲しいよ。

○2005 syriana ☆☆☆☆☆★★
 石油。CIA。アラブの王様。テロリスト。それでも男はベイルートに戻り…。

○2005 Down in the Valley ☆☆☆☆☆★★
 憂鬱。出口。郊外。12車線のハイウェイ。悲しい。
 解りづらいけど好き。ちょっとホフマンっぽいよ。

○2005 All Apologies ☆☆☆☆☆
 アメリカ。ドラッグ。ドキュメンタリー。

○2005 The Devil and Daniel Johnston ☆☆☆☆☆★★
 ドキュメンタリー。好きだなこれ。

○2005 Last Days ☆☆☆☆☆★
 説明不要のカート・コバーン的ガス・ヴァン・サント作品。

○2006 The Illusionist ☆☆☆☆☆★★
 19世紀ウィーンが舞台のマジシャンもの。衣装とか美術も好き。
 夢か真か…。イリュージョンによる境界不明系のラブストーリー。

○2006 The Prestige ☆☆☆☆☆★
 19世紀ロンドンが舞台のマジシャンもの。こちらはマジシャンのバトル。
 どこまでがトリックなのか… っていうか!うわん。

○2006 The Painted Veil ☆☆☆☆☆★★★
 これも好き。キャラ設定がよくて面白かった。悲しい。
 中国でコレラと戦うアメリカ人医師とその妻のラブストーリー。

○2006 Children of Men ☆☆☆☆☆★★
 説明不要のSF作品。未来はどうなるのでしょう。

○2007 Môryô no hako/The Shadow Spirit ☆☆☆☆
 The Shadow Spirit ですって。悪役が恐くないのが難点。
 魍魎の匣ってそりゃ〜英文に訳せないよな(笑)。

○2007 Mister Lonely ☆☆☆☆☆★
 はぐれちゃった人々の話。パラレル。面白いよ。斬新。

○2007 No Country for Old Men ☆☆☆☆☆★★★
 フレンドオー?響きが恐い。逃げる男。追う怪物。二人を追う保安官。
 静寂。緊迫感。骨が出てるのに歩いてるよ〜。恐っ。

○2007 the fall ☆☆☆☆☆
 映像も衣装も背景の世界遺産も美しくて素晴らしい。
 物語りの世界と現実がリンクして行くのが面白いけど何かが足りない。 

○2008 Synecdoche, New York ☆☆☆☆☆★★★
 配役。芝居。舞台。現実。人生。曖昧になって浸食されて。
 そしてとうとう、ケイデンはケイデン役から降ろされる。ううう。

○2008 The Incredible Hulk ☆☆☆☆☆★★★
 ただのアメコミ・ヒーローものではなく、葛藤するヒーローなのね。
 逃亡を続けるブルースの細かい演出が好き。監督はフランス人。

○2008 The Dark Knight ☆☆☆☆☆★★★
 もはやアメコミ・ヒーローものではない。
 もはやバットマン・シリーズですらない。ジョーカーに乗っ取られました。

○2008 It Might Get Loud ☆☆☆☆☆★★★★
 ヤバい。ギタリスト三人のドキュメンタリー。
 ま〜とにかく呆れるくらいギターが好きな人たちなのね。

○2008 Pride & Glory ☆☆☆☆☆★★
 NY市警の刑事もの。アメリカの抱える永遠の社会問題だったり。

○2009 Broken Embraces ☆☆☆☆☆★★
 制作中の映画を放り出して逃亡してしまう二人の結末は…。
 14年を経過して映画は完成するのね。愛。欲望。喪失。そして…

○2009 2012 ☆☆☆
 地球の終わりじゃなかったの?地軸がズレたんじゃ?
 なのに年が明けたら明るい夜明けが。ありえねー。

○2009 The Girl with the Dragon Tattoo ☆☆☆☆☆★★
 天才ハッカーのリスベットは、姿を消してしまうのね。
 愛していても、もはや愛せないわけだよ。9月続編公開!

○2009 Dolan's Cadillac ☆☆☆☆
 復讐もの。善人だったはずの小学校教師が悪に支配されてゆく。

○2009 Thirst ☆☆☆☆☆★★
 神父と人妻の墜落ラブストーリー。斬新。血みどろすぎるけど。
 残酷な快楽。もう止まらない。そして朝日を浴びるのね。
Lightspeed Champion aka Blood Orange aka Dev HynesF1 ベルギーGP|決勝|アロンソ、ノーポイント。rain on Alonso....